そのルーツは明治にあった!会費制の起源とは?

北海道で行われる結婚式の披露宴は、他の地域とは違い一種独特です。例えば、披露宴のほとんどが会費制で、式次第の多くは「発起人」と呼ばれる人達によって考えられます。ではなぜ他の地域では見られない、このような形になったのでしょう。それは、北海道のほとんどが明治期以降に開拓されたことに端を発しています。北海道には松前藩が存在していたものの、江戸時代までは和人の住む場所は函館周辺や松前などほぼ道南地域に限られていました。明治期に入り開拓民が入植するようになりましたが、多くは貧しかったため、その負担を減らすべく仲間がお金を出し合うなど協力しあって結婚式を行っていたことで、会費制や発起人制度が一般的になったのです。

負担の軽い会費制、遠方の人にはキツい?

知人の結婚披露宴に出席する場合、本州ではご祝儀として3万円程度包みますよね。北海道で行われる披露宴はほとんどが会費制になっているため、出席者は1万5千円から2万円ほどの出費で済みます。ごく親しい親族の場合に限り、別途ご祝儀を渡すこともありますが、慣例とはなっていません。受付で会費を払うだけなら、誰でも出席できるのかと言えばそういうわけではありません。そこは本州の披露宴同様、出席候補者は新郎新婦が事前に話し合いによって決定し、出席して欲しい人に対してのみ出席可否の招待状(往復はがき)が送られます。遠方から出席する場合、本州であれば旅費や宿泊費の一部、あるいは全額を招待する側が負担しますが、北海道ではそのような慣例が無いため、多くは自腹になります。

新郎新婦より忙しい?重要な役割を担う発起人!

北海道の披露宴では、「発起人」が重要な役割を担います。発起人とは、披露宴を取り仕切る人達のことで、披露宴会場では受付を行っています。新郎新婦の親しい友人や知人の中から数人が選ばれ、発起人会を結成します。一般的に、結婚式までは新郎新婦が忙しいのが普通ですよね。北海道ではその負担を減らすため、披露宴までは発起人が新郎新婦よりも多忙な期間を過ごすことになります。披露宴の数ヶ月前から何度も打ち合わせを行い、司会者の選任や余興の内容や順番、出席者の席次や引き出物、タイムテーブルの精査など、披露宴に関する多くのことを、新郎新婦の要望を取り入れつつ決めていきます。このため、発起人をお願いされる人は、新郎新婦から厚い信頼を受けている証拠にもなります。

代官山の結婚式場ならば、ムード満点ですからおすすめです。まずはブライダルフェアに参加して、式場の雰囲気を確かめましょう。