やはり、結婚式は必要なの?

「結婚式」は、一生の想い出に残る大切な式典です。そのためには、入念な準備をして当日を迎えたいものですね。しかし、いまは、結婚式を挙げる前から同居しているカップルも少なくありません。また、結婚に至るまでの期間が長いことも大きな特徴だといえますね。つまり、結婚式を挙げてから新生活をスタートさせるという「定番のスタイル」が薄らいできたことも事実です。そのため、結婚式を挙げる必要性について、こだわらなくてもいい時代かもしれませんね。

誰のために、結婚式を挙げるの?

結婚式を挙げるためには、多額の費用も掛かります。費用分担をどうするかは人それぞれです。本来なら、結婚する当事者が全額負担するのが理想的ですが、親のサポートを受ける場合もあります。また、新郎・新婦側が負担する割合も大きな課題になりますね。どれだけの費用が掛かるのかは、結婚式の規模によっても異なってきます。なかには、地域を挙げて盛大な披露宴を行うところもあります。そのため、伝統との兼ね合いに迷う戸惑うこともあるかもしれませんね。そのうえで、誰のために結婚式を挙げるのかについて、考えてみることをお勧めします。

オンリーワンの結婚式を目指して

「さずかり婚」のカップルも増えています。そのためのウエディングドレスも用意されているほどです。また、新婦の体調に配慮して、出産を優先することも大切です。その場合、子どもがある程度大きくなるのを待ってから、結婚式を挙げるのもひとつの方法です。結婚式といえば、やはり、新郎・新婦のツーショットが思い浮かびますね。しかし、子どもを交えての幸せなショットも、なかなか経験できないことです。それに、結婚式を先延ばしにすることで、大きな楽しみが増えます。自分たちにとって、オンリーワンの結婚式を目指しましょう!

星空は愛を誓う場でもあり、その星をイメージしてつけられたのが結婚式ティアラの宝石です。そのため永遠の約束という意味が込められています。