間をきちんと作って撮影をしよう

せっかく結婚式を挙げるのであれば、余興のムービーやプロフィールビデオは自分で撮影したいですよね。そこで大切になってくるのが、どうやって撮影をするのかどうかになります。このポイントを抑えるだけで、自分たちで作成したとは思えないような、クオリティの高いビデオを作る事が出来ちゃいますよ。まず、撮影をする際には、必ず撮影開始と終了に3秒程度の間を置くようにしましょう。こうすることで、編集がしやすくなりますので、作業が簡単になるんです。

撮影前に、簡単な脚本を作ってみよう

また、余興のムービーやプロフィールビデオを作る時に、何も考えずに撮影をしてしまいますと、後で編集の時に、こういったシーンも入れたかったといったような問題が発生してしまいます。ですので、事前にこういったストーリーでビデオを作ろう!と簡単な脚本を作ってみましょう。話の流れを作っておくだけでも、必要なシーンが見えてきますので、やみくもに撮影をするという事が無くなりますよ。脚本もちょっと本格的に、セリフとか書いてみても良いかもしれませんね。

撮影よりも編集に時間を取ろう

実は余興のムービーやプロフィールビデオ作りって、撮影よりも編集のほうが時間が掛かるんです。ですので、結婚式ギリギリに撮影をしてしまいますと、後で編集作業が大変になってしまい、結局結婚式に間に合わなかったなんて事もありうるかもしれません。ですので、撮影は余裕を持って、何か月か前にしておきましょう。そして、十分に編集作業をするだけの時間を設けて、納得のいく余興のムービーやプロフィールビデオを作りましょう。

博多の結婚式場は人気があります。大都市という事もあり多くの電車や新幹線が通っていて利便性が良く遠くから来た人に便利です。