あなたの憧れの結婚式はどんな式ですか?

女性の憧れである結婚式、あの純白のドレスを着て愛する人と人生の晴れ舞台をみんなに祝ってもらいたい!と思うのは当然のことではないでしょうか?人生に一度の結婚式はお金がかかっても盛大にやりたい!と思う方も多いことかと思います。しかし結婚式は色々な様式があり、それによって着る衣装、費用も当然異なります。あなたが知っている結婚式はどんな様式でどんな衣装を着て行われる式ですか?あなたはどんな式を挙げたいですか?

古風で厳粛さを求めるなら神前式!

神前式という言葉をあなたは聞いたことがあるでしょうか?この式は文字通り神様の前で誓いの言葉を述べる式です。一般的にイメージされるのは神社で行われる場合が多いと思いますが、ホテルや結婚式場でも挙げられる場所があります。この式でのメリットは挙式の費用が洋式よりもリーズナブルでありながら、豪華な和装を着ることが出来るという点があります。中には、有名な神社で式を挙げた場合、一般客にも祝ってもらえるといったこともあるようです。しかし、式の途中に行われる儀式や言葉が独特であるため、少し戸惑う方もいるかもしれません。

ドレスを着て華やかに挙げたいなら洋式!

次に洋風の結婚式です。洋風の結婚式はやはりパイプオルガンの演奏、招待客に見守られながらバージンロードを歩く、フラワーシャワーなど、どちらかというと厳粛さというより招待客も新郎新婦を楽しみながら祝福できるという点が魅力的でしょう。新婦が投げるブーケトスはみんなで盛り上がりますね。ドレスのベールが取れる瞬間などはみんなが花嫁の姿に心奪われ、感動するでしょう。しかし、費用は和式の式よりも高くなります。洋式で挙げたいけどあまりお金をかけたくないという方は、親族のみを呼んで式を挙げるという方法もあります。どちいらの式にしても、あなたの晴れ舞台、心から周りの方に祝ってもらえる式を挙げられることが何よりも思い出に残って幸せではないでしょうか?

鶴岡八幡宮で結婚式を挙げる場合には、非常に厳粛な雰囲気の中で二人の祝福を行えるので記憶にも残ります。