婚約指輪と結婚指輪の違いとは?

恋人と結婚をする場合には、指輪がキーアイテムとなりますよね。実は、婚約指輪と結婚指輪の違いについては意外と知らない人も多いんです。この二つはの指輪は明確に役割が異なっているんですよ。婚約指輪は、プロポーズを行う際に男性から女性に結婚をお願いするために贈られる指輪ですが、結婚指輪は結婚後に二人おそろいで使うペアリングなんですね。夫婦になった後も継続して使われる事の多い結婚指輪はシンプルなデザインの物が好まれるんですよ。

結婚指輪を持つ意味とは

結婚指輪は夫婦となった直後から使われ始めますよね。この結婚指輪を付けるという行為には大きな意味があり、これから途切れること無い愛を約束するアイテムとしての意味を持つんですよ。夫婦でずっと身につけている結婚指輪によって、離れていても相手の存在をいつでも思い出す事ができるでしょう。結婚指輪は女性だけでなく、男性も結婚後に身につけるものなので、会社でも使う事の出来るような控えめなデザインの物を購入するとお洒落ですよね。

結婚指輪はどうして薬指にはめるの?

一般的に、結婚指輪は左手の薬指につけるのが常識と言われていますよね。実はこれは古代ギリシアの神話にその由来があったんですよ。ギリシアでは、人間の感情は脳ではなく心臓にあると信じられていて、さらに薬指と心臓は繋がっていると人々に信じられてきたというお話は有名ですよね。心臓に直接つながっている薬指に共通の指輪をはめることで二人の心をしっかりと繋ぐことが出来るという言い伝えが、結婚指輪の正しいはめ方の由来となったんですよ。

結婚指輪は毎日身に着けるので汗や垢などの汚れが付着しやすく、汚れやすい傾向があります。小さな傷から汚れが入り込んで劣化してしまうこともあるので、こまめに清掃を行って清潔な状態を維持することが大切です。