素材にこだわって選ぶ

結婚指輪に使われる素材の中で、定番とも言えるのがプラチナとゴールドです。特にゴールドは、合金にする際、どの金属をどの割合で混ぜるかによって色合いが変わってくるので、同じゴールドでもいろいろな色合いのものから選べます。他にも、金属アレルギーの心配があるのであれば、症状の出にくいレアメタル系があります。こちらは、取り扱っている店舗が限られるので、下調べが必要です。また、金属アレルギー対策として、金属ではなく木で指輪を作るという方法もあります。

デザインにこだわって選ぶ

デザインにこだわる場合、既製品の中で自分たちが気に入るものを探すという方法と、オーダーメイドで自分たちの理想そのものを形にしてしまうという方法の二つがあります。既製品は価格がはっきりしていますが、オーダーメイドはどうなるか分からないので不安という場合、デザインから見積もりまでは無料という店舗で、実現のためにはどの程度の予算が必要となるのか調べることができます。デザインについても、プロに相談できるので、オーダーメイドを考えるのであれば、とりあえず相談してみましょう。

刻印するメッセージにこだわって選ぶ

結婚指輪の内側に刻まれるメッセージの定番と言えば、お互いの名前やイニシャルと、結婚式か入籍日の日付です。ですが、それ以外にも愛や結婚にまつわる単語や文章を刻むこともあります。中には、2つに分割された長文や文字ではなくイラストを刻むという場合もあります。ただし、指輪のデザインによっては刻印できるスペースをそれほど広くできない場合があります。どうしても刻みたいメッセージがあるなら、指輪選びの時点で、よく考える必要があります。

エンゲージリングとは、婚約指輪の事です。結婚を決めた男性が相手の女性に贈る愛の証です。女性は左手の薬指にはめます。